野生に帰っても家族(人間)をずっと想い続けていたライオン

百貨店で魅力的な子ライオンが売られていました。その子ライオンは買い取られ、クリスチャンと名付けられました。楽しく暮らしていた彼らですが、クリスチャンが大きくなるにつれて飼い続けるには限界が迫ってきていました。泣く泣くクリスチャンをアフリカの自然溢れる環境へ帰した彼らでしたが、その一年後にクリスチャンと再会を果たします。野生に戻ってしばらく経っていたので襲われても仕方がないと言われていましたが、クリスチャンは二人の元に駆け寄ると優しくじゃれつき、二人に精一杯の愛情を示したのでした。